リースで複合機を導入の際の契約書

リースで複合機を導入の際の契約書

リースで複合機を導入する場合一番重要な部分といって過言ではないのが契約書になるでしょう。

現在は経費削減の時代で出来る限り経費は削っていきたいと考えられる企業がほとんどだと思います。

電子機器の契約内容は本当に把握が難しく説明文がとにかく多い。

リースは一度組むと満期まで解約というものが出来ない点は多くの人がご存知だと思いますが、一括で残債を払えば解約が可能です。

そもそも仕組みを理解出来ずに利用しているというお話も実際によく耳にします。

基本的な構図は「メーカーが代理店に卸す」→「代理店がリース会社に売る」→「リース会社がお客に分割で貸す」という形になります。

見てお分かりの通り借りるだけなので自己所有物ではないので理解が必要です。

しかし満期を迎えたら余分に支払って複合機を買い取る事も出来るという会社もあります。

確実に以下の項目は確認しておくようにしましょう。

それは「料金・期間・カウント料金・カウントの基本料金・メーカーメンテか自社メンテか」です。

コピーや複合機をリースかレンタルを決める

複合機を会社で導入する際に多くの企業がレンタルかリースによって導入します。

やはり購入となるとかなり多額な資金が必要となるためです。

どれがいいというのはその会社の状況に応じて変わってくるのですが、基本的には短期間の場合はレンタルで、長期間の場合はリースにするのが一般的になっています。

複合機を選ぶ際には月間使用枚数がどのくらいか、カラーコピーは必要か、FAX、スキャナ、プリンターなどどこまでの機能が必要かを最初に決めておくと機種を選び易いのでいいでしょう。

逆に不必要な機能というのも考えておくのも手ですね。

低価格な複合機のリース

また複合機をレンタル、リースの際に必ず確認しておかなくてはいけません。

故障した場合や定期メンテナンスなど契約をする前に確認するのだけは忘れないようにして下さい。

なぜならこのサポート面は企業やメーカーによって大きく変わってくるので、値段共々業者とはしっかりと話し合いを行った上で決定するようにしましょう。